ED(勃起不全)とインポテンツの違い

一昔前まではED(勃起不全)という言葉がなく、全てインポテンツという言葉で括られていました。最近ED(勃起不全)という言葉ができ、日本人の4人に1人はED(勃起不全)であることがわかってきました。そんなED(勃起不全)について載せていきます

勃起不全の治療薬には塗るタイプもあります

勃起不全の悩みを抱える人は年配の方に多いですが、意外と若い世代にも多くなっています。
勃起不全の悩みを解消する方法としては、体質改善など様々な方法がありますが、特に高い改善効果を得られる方法としては、治療薬があげられます。

治療薬には飲むタイプ、塗るタイプなどがありますが、医療機関でよく処方されているのは、性器に直接塗るタイプの薬ではなく、内服することで勃起不全を解消していくというものです。

勃起不全は何らかの原因で、勃起に十分な血流が得られないことで起こりますが、内服タイプの治療薬を飲むと、勃起を阻害する酵素の働きを抑えることができ、血流も改善することができます。

こうした薬は毎日飲むのではなく、性行為の少し前に飲んでおくもので、性的な刺激、興奮を得たときに効果を発揮してくれます。
薬の効果は薬が効いている時間だけですので、薬の効果が切れるとまた体は元の状態に戻ります。
それゆえに薬は性行為のたびに飲むことが一般的です。

塗るタイプの薬については、性器に直接塗ることで男性機能を活発にして勃起不全の改善を目指すというものです。
飲むタイプの薬は性行為の前に飲むこととなりますが、塗るタイプの薬は毎日使うものも多くなっています。
使い方は商品ごとに違いがありますので、使用前はよく確認し、正しく利用することが大事です。そしてデリケートな部分につけることとなりますので、肌に刺激がないか、安心して使えるものであるかもよく確かめておきましょう。

塗るタイプの薬は個人輸入などで購入することができますが、安全に使うためにも使い方はよく理解しておきましょう。飲むタイプの薬と併用を考えている場合は安全に併用できるのかもよく確認しておきましょう。