ED(勃起不全)とインポテンツの違い

一昔前まではED(勃起不全)という言葉がなく、全てインポテンツという言葉で括られていました。最近ED(勃起不全)という言葉ができ、日本人の4人に1人はED(勃起不全)であることがわかってきました。そんなED(勃起不全)について載せていきます

勃起不全を医者に相談する時には保険証は必要ない

勃起不全を医者に相談する時には保険証は必要ありません。何故かというと、勃起不全の治療薬を処方してもらうときには保険の適用がないからです。保険の適用が無いものに対して保険証を提出しても控除を受けることが出来ないので、全額負担で治療費を支出することになります。
勃起不全の治療薬は三つありますが、どの薬の処方を求めたとしても医者に対して保険証の提出は必要ありません。薬の違いは内包されている成分の違いであるため、それによって医者の対応が変わるわけではありません。それぞれの薬は患者の身体にあわせて処方することになるため、まずは詳しい症状を説明して適切な診断をしてもらわなくてはいけません。
勃起障害は一つの原因によって成り立っている病気ではなく、複合的な要因が絡み合って生じていることもあります。もちろん、加齢によって自然発生的に勃起障害になってしまうこともあるのですが、他の原因に関しては仕事の疲れやそれに伴うストレス、そしてそうした要因によって自律神経が乱れることによって勃起不全になってしまう人もいます。
医者が処方してくれるED治療薬の特徴は、こうした勃起不全の原因を問わずにどのような状態であっても一定の効果を必ず発揮してくれることにあるのです。薬を服用した後に必要なのは性的刺激であり、性的刺激が存在すれば下半身が不随になっている人であっても陰茎が反応することになります。それだけではなく、ED治療薬の中には糖尿病患者にも効果を現すような非常に高性能なものも存在し、患者が重い病気にかかっているにも関わらず効果を発揮するものもあるのです。こうした薬の服用方法は医者に確認することできちんと教えてくれるので迷ったときは相談することが大事です。