ED(勃起不全)とインポテンツの違い

一昔前まではED(勃起不全)という言葉がなく、全てインポテンツという言葉で括られていました。最近ED(勃起不全)という言葉ができ、日本人の4人に1人はED(勃起不全)であることがわかってきました。そんなED(勃起不全)について載せていきます

妻のために勃起不全を大森で治療

 人間が生きていく上で欠かせないものには食事や睡眠などがあります。これらは生きていくために必要不可欠なものです。これとは別に、人間には大切な行為があります。それが性交です。性交がなければ、生きていくもの自体が生まれません。しかし、勃起不全のために満足いく性交ができない人がいます。
 性交をし、妻をはじめとするパートナーの心と体を満たすためには勃起不全は重大な問題です。勃起がちゃんとしなければ、妻の満足は得られないのです。勃起不全とは、勃起するまでに時間がかかってしまったり、勃起をしても長い時間継続できないことを言います。この原因は神経や血管にあると考えられます。50代の男性に多くみられるのが、動脈硬化の進行や神経に障害がある場合です。30代、40代に多くみられるのが精神的なストレスによるものです。さらに50代、60代に多くみられるのが、先の2つの原因がともにある場合、つまり動脈硬化の進行や神経に障害があり、精神的なストレスを抱えているということです。また、服用中の薬のために勃起不全になってしまうことがあります。このように様々な原因が考えられる勃起不全は、妻の満足を得られないどころか、家庭や職場での自信喪失につながってしまいます。勃起不全であっても命に関わるようなことはありませんが、病は気からと言いますから油断は禁物です。そのため治療を行う必要があります。大森には専門医院もあり、また、大学病院で勃起不全の研究を行っていますので、大森の周辺で治療を行うことができます。また、大森は品川や川崎、横浜など大きな街へのアクセスも良く、通院しやすい場所です。
 このように勃起不全には様々な原因が考えられますが、治療できます。